26歳で公務員に転職するのは珍しいことでは決してない

高校や大学を卒業した後にある会社に就職してそこで正社員として一生懸命働いても、今の仕事にどうしても満足することが出来ない場合があります。
ただ他の業種に転職を考えても妻子がある場合には今よりも年収が下がったら大変なことになりますし、独身であったとしても今の生活を維持し続けるだけの収入を得ることが出来るか心配になり躊躇してしまうこともあります。
そのため転職をすることを躊躇って今の会社で何とか働こうと考える人もいますが、中には人間関係の問題や収入の面、休日日数のことなどが問題となりどうしても他の会社に移りたいと考える人もいます。
特に毎日のように残業がありこのままでは倒れてしまうのではないかと思っている人にとっては、残業が殆どない会社で安定した収入を得たいと考えるのは当然のことだと言えます。
そういった人にとっては公務員の仕事はとても魅力的ではありますが、一度社会人を経験してから公務員として働くことが出来るのかよく分からないと感じている人もいます。
そういった考えを持っている人もけっこういますが今では社会人登用を行っている市区町村も多く、他業種で働いた経験を生かして公務員として働いて欲しいと考えている役所もけっこうあるのです。
こういった社会人登用を行っている役所では年齢制限を設けているところも多いのですが、26歳位の年齢であれば殆ど受け入れてくれます。
20代で転職する人はけっこういて他業種から公務員に転職する人も増えているので、その点は全く不安に思うことはないです。
ただ公務員はとても人気が高く求人を出すとかなりの人が応募してくるので、倍率が相当高くなり採用される確率は低いことは覚悟する必要があります。
しかし公務員として働きたいと言う熱意とやる気を全面に出して試験に臨めば採用してもらえる確率も高くなるので、本当に公務員として働きたいと思っているのであれば諦めずに試験に臨むのが良いです。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

WordPress Themes